×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

乳首の黒ずみについて知ろう

乳首の黒ずみの原因について

乳首の黒ずみは女性にとっては非常に気になる悩みだと言え、さらになかなか他の人に相談できないデリケートな悩みとも言えます。

この乳首の黒ずみが起こる原因は、さまざまなものが考えられています。

まず挙げられるのが、加齢によって起こる現象です。

これは、加齢化と共に肌のターンオーバーの働きが弱くなり、本来ならば自然と落ちていくはずの角質細胞の中にあるメラニンがそのまま肌に残ってしまうため、と考えられているためです。

次に挙げられるのは、肌への刺激によって起こる現象です。

これは、肌が刺激を受けることによりそれを守ろうとするため、メラニン色素が生まれ、それが蓄積してしまって肌が黒ずんで見えると考えられているためです。

これらはあくまで仮説とされているので、明確な原因とは言い切れません。

しかし、現在考えられている乳首の黒ずみの原因はこういったものが多いとされています。

これらに共通して言えるのは、メラニンが色素沈着してしまったことが原因となっていることです。

そのため、メラニンが色素沈着しやすい体質の人のほうが乳首が黒ずんでしまいやすいという可能性があります。

例えば、肌が日焼けしにくい人の方が日焼けしやすい人よりも色素沈着しづらいということが考えられ、乳首の色もそれに関係していると言えます。

ほかにも、妊娠してから乳首が黒ずんだという女性もいますが、それは赤ちゃんがおっぱいを吸うという行動に関係があります。

これは赤ちゃんが乳首を吸うことで、その刺激から身体を守ろうとする働きが起こり、メラニンが生成されてしまい色素沈着が起こってしまうことが原因となります。

ただ、こういった黒ずみは授乳期間が終わることで自然と治るとされています。

そのため、あまり深刻に悩む必要はありません。

しかし、体質によってはすぐに治ってしまう人もいれば、なかなか治らないという人もいるので、気になる人は日頃からケアはしておいた方が良いとも言えます。