×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

乳首の黒ずみについて知ろう

乳首の黒ずみをピンクにする対策

これ以上乳首の黒ずみを悪化させないように、バストの肌にも守りのケアをスタートさせることです。守りのお手入れでもありますが、解消のスキンケアにもなります。肌の色を改善していくためには、毎日の生活の中で地道にできるケアこそが、とても大切になってきます。ただでさえも乳首はデリケートな皮膚ですから、摩擦や軽い圧力でも黒ずみになりやすいです。しかし、そんな黒ずみになりやすい乳首であっても、ピンク色のキレイな状態へと変えていくことは無理ではありません。

ピンク色にしていくためには、バストトップにもしっかり保湿をするのが基本的なお手入れとなります。日々のライフシーンの中で、威圧の間にか摩擦や刺激を受けているバストは、とても乾燥をしやすいパーツでもあります。皮膚が乾燥していくと、やわらかかった肌は固くなっていきます。そして、肌荒れの原因にもなりやすいですし、くすみがちにもなります。ボディクリームなどを塗布して、日頃からしっかり保湿をすることです。手元にボディクリームなどがないときには、いつも顔用にしようしている、化粧水やミルク、美容クリームなどを用意して、できるだけ保湿性の高いアイテムで代用が可能です。

特にバストラインの脱毛をした後などは、いつもよりの皮膚へのダメージは強くなります。ムダ毛処理を下跡などは、保湿を特にしておきましょう。バストをピンク色にするためには、肌の洗い方にも注意することです。汚れを落とすために、ナイロンブラシにボディソープをつけて、肌をゴシゴシ洗うことがありますが、肌にとっては負担になります。ナイロンブラシの刺激は、肌の黒ずみを増加させることもあるので肌の色を改善したいときにはあまり向いてはいません。バストトップは、ふわふわに泡立てた、弱酸性のやさしい石鹸をつかい、軽く洗うようにしてみましょう。そんなに強く洗わなくても、古い角質とか、毛穴の汚れも簡単に取り除くことができるものです。