×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

乳首の黒ずみについて知ろう

乳首の黒ずみについて知ろう

乳首の黒ずみは、女性のとって非常にデリケートで、他人に打ち明けにくい悩みのひとつだと言えます。

すこし前まで、乳首が黒ずんでいる女性は性経験が豊富だといった噂もあり、そういった良くないイメージが強く根付いているのも悩みの原因と言えます。

バストトップの黒ずみを解消するのに参考になるサイト

実は、この乳首の黒ずみが起こるのにはきちんとした理由があり、さまざま原因が挙げられます。

まず挙げられるのが、加齢です。

これは肌のターンオーバーが遅くなることで、メラニンが沈着しやすくなってしまうことが理由です。

ホルモンバランスの変化も原因となります。

これは、女性の妊娠と出産に大きく関係しており、体内のエストロゲンとプロゲステロンという二つの女性ホルモンの分泌が増加し、メラニン色素を刺激してしまうことで黒ずみが発生しやすくなるためです。

さらに、授乳に備えるために肌を保護するために、メラニン色素が沈着しやすくなったり、赤ちゃんが乳首を見つけやすいようにという理由も挙げられています。

ほかにも、アトピー性皮膚炎になりやすい人は、湿疹が頻繁に起こるため、炎症後に色素沈着しやすくなってしまうことが原因となることもあります。

このように、乳首の黒ずみには、さまざまな原因が挙げられます。

これらに言えることは、ほとんどが肌を守るために起こるメラニン色素が沈着することが関係している点です。

メラニン色素が沈着するのは体質によっても違いがあるため、例えば肌が日焼けしやすい人としにくい人とでは、日焼けしやすい人の方が色素が沈着しやすいと言えるため、注意が必要です。

基本的には、妊娠や出産によって乳首が黒ずんでしまった人は、授乳期間などが終わることで自然と治っていく場合がほとんどです。

しかし、メラニン色素が沈着しやすい体質の人などは治りにくかったり、そのままの状態になってしまうこともあるので、肌のケアをしておいた方が良いと言えます。

黒ずみを治療する場合には、セルフケア以外にもクリニックでの治療などがあり、それらを活用することも良い手段だと言えます。
目標設定評価童話集心の診断